血の教団 の変更点

Last-modified:

[[吸血]]を神祖と崇め、神格視する吸血の[[血族]]を中心とする教団。
代表は3名おり、うち1人は"吸血聖女"[[マノン・マグノリア・セメティエル]]
放置すれば膨大な数に膨れ上がる特性を持つ吸血の血族達を管理・教導・保護をするのが目的。
必要であれば血族の生活補助や、有害な同族の排除、不当に吸血の血族を貶める者への報復行為も行う。

色々な世界に支部を置いており、血族達の組織の中でも特に規模が大きい。
ただ、規模に反して管理者が少ないため内部の管理が行き届いていない面もあり、暴走する者、教団を利用して自身の欲望を満たす者、教団の管理を嫌って密かに造反を企てる者等がひっきりなしに現れるため内部統制が取れているとは言い難い。
また、組織規模が大きいためバケモノへの対抗組織からの認識度も高く、暴走した信者達の行動や吸血血族の特性から危険視されやすいため、度々攻撃目標にされている。

吸血は「自分の血族達が何をしても構わないし、代表3名などのお気に入りの血族以外がいくら死のうが構わない」というスタンスのため、基本的には教団の活動には関わらず、危機的状況であろうと手を貸す事はほとんどない。
吸血は「自分の血族達が何をしても構わないし、代表3名などのお気に入りの血族以外がいくら死のうが構わない」というスタンスのため、基本的には教団の活動には関わらず、危機的状況であろうと手を貸す事はほとんどないが、(吸血にとって)目に余る行動を取る場合は情け容赦なく粛清する。

【内部団体】
・[[聖血騎士団]]