『戦争』のゲーム の変更点

Last-modified:

【概要】
[[戦争]]がとある世界に対して仕掛けた、指定した世界を陣地に見立てた陣取りゲーム。
状況が進むにつれて状況は混迷を極め、[[欺瞞]]や[[恐怖]],[[滅亡]]、[[混沌]]も関与してきた。

【結末】
このゲーム自体[[欺瞞]]が当時、[[混沌]]によってバケモノへと変化させられ、幽閉されていた[[友人>模倣]]を助けるために戦争と共謀して仕組んだものだった。
目論み通り、混沌がゲームへの参加を希望してきた際に参加の条件として「ゲームに敗北した場合は幽閉された友人を解放する」という約束を取り付け、最終的に混沌がゲームに敗れた事で模倣は独立したバケモノとして解放された。


【関連項目】
・[[戦争]]
・[[欺瞞]]
・[[混沌]]
・[[恐怖]]
・[[滅亡]]
・[[戦争軍勢]]
[[戦争]]
[[欺瞞]]
[[混沌]]
[[恐怖]]
[[滅亡]]
[[戦争軍勢]]