Top / 黒臥回廊
HTML convert time: 0.059 sec.

黒臥回廊

Last-modified: 2018-01-03 (水) 01:16:58

混沌の世界。ランクは計測不能。
彼の世界は常に展開されている。
バケモノという世界を食らう世界と、神が世界を作り出すというこの法則そのものが混沌の世界である。

世界のルールは「すべては我である

文字通り、自己を無限に複製・転写させる法則。
バケモノであろうがそれ以外であろうがその法則が適用されればそれは「混沌」であった事にしてしまう。自分は混沌だったのだと「理解」してしまう。
あらゆるバケモノが混沌に対して嫌悪感を覚えるのはこの世界が混沌の腹の中であると本能的に(意識のうえに上るかどうかは別として)理解しているため。

この世界法則の影響下にあるバケモノを含めた無限と破滅を除く万物、あるいはそれらと接触を持ったすべてに対して適用が可能。
一応、後者は抵抗が可能だが

・永く生きたもの
・在住する世界の法則に反するもの
・自我が強いもの
・バケモノに関しての知識を持っているもの
・混沌の存在を知るもの

これらの条件を持つものは抵抗がより困難になる。3つ以上あればたとえバケモノであろうと抵抗はまずできない。言ってしまえば超常のものであればあるほど抵抗は困難になり、逆に一般人に近ければ近いほど抵抗は楽になる。
ただし黒臥回廊についての深い知識を持ってしまったものは無条件で混沌と化す。
例外的に無限破滅に縁を持つものはその縁の深さに応じて抵抗がしやすくなる他、名付きは同化の影響を受けない。