Top / 血の教団
HTML convert time: 0.005 sec.

血の教団

Last-modified: 2020-09-23 (水) 17:13:47

吸血を神祖と崇め、神格視する吸血の血族を中心とする教団。
代表は3名おり、うち1人は"吸血聖女"マノン・マグノリア・セメティエル
放置すれば膨大な数に膨れ上がる特性を持つ吸血の血族達を管理・教導・保護をするのが目的。
必要であれば血族の生活補助や、有害な同族の排除、不当に吸血の血族を貶める者への報復行為も行う。

色々な世界に支部を置いており、血族達の組織の中でも特に規模が大きい。
ただ、代表の3名は「血族の管理・教導・保護」という理念自体は同じだが方針は異なっているため内部は事実上の分裂状態にあり、加えて管理者も不足しているため統制が取れているとは言い難い。
理念の曲解、支部の暴走、教団内部での直接的な争い、造反は日常茶飯事。

また、組織規模が大きいためバケモノへの対抗組織の認知度も高く、暴走した信者達の行動や吸血血族の特性から危険視されやすいため度々攻撃目標にされており、争いが絶えない。

吸血は「自分の血族達が何をしても構わないし、代表3名などのお気に入りの血族以外がいくら死のうが構わない」というスタンスのため、基本的には教団の活動には関わらず、危機的状況であろうと手を貸す事はほとんどないが、(吸血にとって)目に余る行動を取る場合は情け容赦なく粛清する。

【内部団体】
聖血騎士団