Top / 星の智慧派
HTML convert time: 0.041 sec.

星の智慧派

Last-modified: 2017-08-22 (火) 11:59:27

混沌が自らの血族や賛同者を集めて結成した秘密組織。
基本的には混沌の援助を目的として活動しており、混沌が行動しやすいように各世界に潜入して地位や信頼を築き上げ、混沌からの指示があればそれに従って行動する。
なお、その他の細かい方針については血族筆頭である3人の神父の合議によって決定される。

階級制度があり、一般の協力者である「信者」
支部への出入りが認められ、信者の勧誘や指導を行う「助祭」
本部への出入りが認められ、儀式への参加を認められる「司祭」
組織全体の運営を任された「司教」
その上に混沌の5つの位階がある。

一定数の上の位階にある者が相応しいと認めれば位階を繰り上げられ、また逆に上の位階にある者が相応しくないと判断すれば位階が下げられる。
賄賂や脅迫なども日常的に行われており、組織への貢献度を稼ぐために無謀・過激な行動に出る構成員も珍しくない。また組織を抜けた、あるいは放逐させられた者が新たに分派を名乗る組織を作る事も多く、星の智慧派の内部事情は大変混沌としていると言える。
混沌はこれらの狂騒を知りつつ放置している節があり、これまで特に司教に命じて何らかのアクションを起こさせた事は確認されていない。

星の智慧派の分派は更に混沌としており、混沌を召喚しようとあらゆる手を尽くすもの、平和的に教義を説くもの、積極的に非合法活動に従事するもの、生贄や人食を儀式として行うもの様々であり、一貫性はない。