Top / 微睡
HTML convert time: 0.027 sec.

微睡

Last-modified: 2016-03-10 (木) 05:07:10

【概要】
『微睡』の「夢完境界(ムカンキョウカイ)」。アリス。
夢世界と現実世界のどちらにも存在する事が可能な数少ないバケモノであり、幼い言動と見た目と違い、広大な規模を持つバケモノ。

【性格】
外見そのままに、背伸びしたい年頃の、おしゃまな少女といった性格。
上品ぶっているが本質的にはお子様。単純でムキになりやすく、またかなりの癇癪持ち。
パズルや詩のような語り方を好む。一見すると意味深にも聞こえる彼女の言葉だが、何か意味がある事はほとんど無い。ナンセンスな言葉遊びである。
 
 
【モチーフ】
ルイス・キャロルの童話「不思議の国のアリス」の主人公、アリス。

微睡の外見や性格も、この童話の主人公の性質に近しいものを備えている。
『微睡』は存在が極めて曖昧なバケモノであり、確固たる自己を持っていない為モチーフによって性質や外見は大きく変動する。

【能力】
・夢幻魔法
己の夢想を現実世界に影響させる、いわば限定的な浸食。
イメージした事象を起こしたり、想像した生物・物体を出現させたりと極めて応用性が高い。
ただし、使えば使う程に夢幻魔法が使用された世界の夢と現実の境界が曖昧になり、最終的には浸食される事になる。

【世界】(ランクS)
微睡の世界とは、彼女が発生してから今にまで見てきた夢の混沌である。
彼女はその概念が示す通り、常に微睡の中にあり、いわば彼女が出会った人々、起こった事象のすべては彼女にとっては夢の産物である。
彼女は強いショックを受けた際に微睡から目覚める事がある。その際、今までに出会った人々、起こった事象のすべてに対して彼女の世界が侵食し、彼女の世界へと取り込む。
微睡自身が存在を認識しているのであれば、相手がどこにいようと、どんな状況であろうと例外なく対象となる。
微睡自身にも制御はできず、認識しているのであれば彼女の規模を上回る存在に対しても浸食が行われる。
ただし、認識の度合いによって浸食の効力は大きく変化し、うろ覚え程度の存在ならば規模で劣っていても浸食を免れる事もある。

名付きや規模で勝るバケモノにとってはこの浸食は一切の効果を示さず、通常ならば浸食されたという実感さえ与えない。
その為、規模で勝る相手を浸食し、逆襲され逆に取り込まれる事もまずない。
他にも彼女自身はこの浸食行為を「夢から目覚めたから、夢の産物は夢に戻った」と認識している為、彼女に現実に存在していると認められた存在は浸食の対象から外れる。

彼女の世界は、かつて出会ったあらゆる世界が混ざり合い、あらゆる事象が起き続け、常に変化を続け混沌としているが、鉄のルールが備わっている。
微睡(わたし)の思うが儘に在れ
バケモノは大なり小なり己の世界の法則を自分の都合良いように変化させるものだが、こと微睡はそれが際立っており、幼稚な精神と無限の想像力が紡ぎ出す微睡の世界は、それこそ夢の如くあらゆる事象がゆらぎうつろう。

【血族・眷属】
バンダースナッチ:眷属。時間そのものである炎の四足獣。時計のある場所ならばどこにでも現れ、時間が進んでいる限り一切の行動を妨害できない。時計の針が止まると動けなくなり、逆回しをされると消滅する。
ジャブジャブ鳥:眷属。音そのものである派手な体色の鳥。音のある場所に現れ、喧しく騒ぎ立てる事で仲間を量産する。音を出せない状況下になると死亡する。
ジャバウォック:眷属。空間の化身である無頭の竜。任意の場所に頭を出現させる能力を持つ。"この世の何所にも存在しない剣"であるヴォーパルの剣を振るう事で討伐可能。
シロナ?:血族。微睡は彼女のふわふわの身体に顔をうずめるのが好き

【他のキャラクターとの関係性】
夢幻:同盟相手。夢幻の世界内を一切の制限なく行動できる代わりに、彼の世界に危機が訪れればその危機を排除する。
???

【備考】

【プレイヤー】
消夢