Top / 夢幻継承戦
HTML convert time: 0.011 sec.

夢幻継承戦

Last-modified: 2016-07-29 (金) 14:25:06

【概要】
夢幻天敵を取り込んだ事で代替わりが果たされた際、代替わりした自覚が無いままに『夢幻』となったために、後に発生した騒乱。

【詳細】
騒乱の原因は夢みるすべての存在に繋がる夢幻の世界を通して汚染を広げる事で、あらゆる人間をバケモノに至らせようとする混沌の策略にあった。

当時の夢幻の天敵であった少年クレストは混沌の導きを受けて姉のクレアと共に夢幻の世界へ降り立ち、即座に取り込んで代替わりを果たす。
混沌は夢幻が世界を制御する前に速やかに汚染を広げる事を考えていたが、夢幻の特異性ゆえか、クレストは自身が夢幻であるという自覚を持っていなかった。

これ幸いと混沌は確実にバケモノになるように、クレストの姉を核とした黒の夢と呼ばれる汚染させるためだけの夢を創り上げていった。
これを受けて悪夢が急速に増加し、また影響を受けて狂乱する夢魔まで現れた。
当初は『黒の夢』の創造には微睡も関わっていたが、精神構造が子供故に黒の夢が見せる『恐ろしい夢』に対して恐怖心を抱き、黒の夢を拒絶。混沌を裏切り、黒の夢を破壊するためにクレストへ助言を与える。

【結末】
クレストは己が夢幻であるという認識を持つに至り、黒の夢を破壊し混沌を撃退する事に成功。クレアを永い眠りから目覚めさせた。

結果的には混沌の策略はニャルラトホテプに敵対する深淵大帝ノーデンスの出現という最悪の結果に終わってしまった…ように見えて、貴重な名付きのバケモノが増えた事は混沌にとって喜ばしいものであったらしく、この結果を喜んでいる。

【関連項目】
夢幻
混沌
微睡
悪夢
夢魔
黒の夢
高原騎士団