Top / アーヴァティル
HTML convert time: 0.058 sec.

アーヴァティル

Last-modified: 2015-06-25 (木) 14:20:20

神々が創造した世界の一つ。

【歴史】
神々が二派に分かれて覇を競い合う為に「戦場」として作り出された世界。
戦いがひと段落した後に、神々の戦闘の余波によって溢れ出たエネルギーが大地に根付き、生物が誕生した。それを神々は興味深い事だと考え、二派のうち敗れた者を邪神や悪魔等の邪教とし、勝利した者を天使や神等の正教とする宗教体系をもった世界を作る事を提案。
結局その全員が提案を受け入れ、かつて神々の戦場であった世界を、命が満ち溢れる通常の世界として運営する事を決める。

その後は勝利した神々の趣味もあって、我々の言うところの「ファンタジー世界」となっていき、神々の戦いは創世神話として永く語り継がれる事になっていく。
複数の神々がゲーム感覚で創世に参加するこの世界は神々にとっては格別に楽しい事であったらしく、度々下界したり人を巻き込んで争い合ったりと、他の世界以上に神と人との距離が近い世界となっていった。